18.4 C
New York
Tuesday, June 27, 2017
Lao PDR is adopting key policy reforms to make its strong economic growth benefit more people, especially the poor and disadvantaged, while protecting the environment, supported by a new US$38.6 million credit which was approved today by the World...
East Asia and Pacific Makes Steady Progress to Improve Business Environment: Doing Business Report VIENTIANE, October 26, 2016 – Economies of East Asia and the Pacific (EAP) region are steadily making progress to ease the process of doing business, finds the...
2017年1月10日,华盛顿:世界银行执行董事会今天批准了向中国提供两笔各2亿美元的贷款,支持湖南省和重庆市大渡口区将财政建立在牢固和可持续的基础之上。湖南省和重庆市大渡口区正在积极实施新《预算法》,并在世行贷款项目支持下建立整合预算、公共投资和债务管理的具有前瞻性、综合性和透明度的公共财政框架。 湖南省省委书记杜家毫表示:“作为我们目前改革计划的一部分,我们为控制政府投资规模的进一步扩大、防止财政脆弱性和债务的进一步增加作出了很大努力。这一项目把湖南改革实践与世行成熟的经验结合起来,进一步提升了湖南省政府性债务管理水平。我们很高兴世行给予支持,也相信这个项目将为中国地方政府如何以现代化的管理方式管控政府债务风险树立一个范例。” 重庆市大渡口区政府区长姚斌表示:“世界银行发展政策贷款项目不仅与当前的财政改革方向紧密契合,而且也为解决区级财政可持续性问题提供了新的思路和方法,我们相信这一合作将会对大渡口区的经济发展和财政改革产生重要和持久的影响。” 世界银行中国局局长郝福满表示:“我们很高兴能够支持湖南省和重庆市大渡口区推进财政改革计划,提高公共资源使用效率,使公共财政走上可持续的道路。我希望这两个项目能够为中国实现地方政府的财政可持续性作出贡献,地方政府的财政可持续性对于中国经济的可持续增长至关重要。” 这是中国首次利用世界银行的发展政策贷款工具。发展政策贷款的目的是促进制度和政策改革,贷款资金纳入借款国政府的一般性预算,不指定用途,由借款国根据自身的预算流程和制度来安排使用。作为项目负责人之一的世行中国首席经济学家李伟乔指出:“发展政策贷款工具能够使我们围绕一项雄心勃勃的改革计划,与地方政府进行更深层次和更具约束力的合作。” 湖南省财政可持续性发展政策贷款和重庆市大渡口区财政可持续性发展政策贷款具体支持以下几方面的活动: 建立和实施一个旨在管理风险和加强财政可持续性的中期财政/债务可持续性框架; 制定一个综合性的资本投资计划的方法,改善投资效率; 在省级政府层面(仅针对湖南省)制定有效机制,以监测省以下地方政府的财政状况,并激励地方政府实行审慎的债务管理; 加强预算资金使用的透明度和问责。 另一位项目负责人、世行高级经济学家赵敏说:“这两个项目展示了推进重要的财政改革的方法。这不仅需要改变政策、转变观念,还需要建立新的体制机制和能力建设。我们希望这两个项目将对中国其他地方政府有重要的促进和示范效应,并产生深远影响。” 了解更多项目信息请登录: www.shihang.org/projects 了解更多世界银行在华业务信息请登录: www.shihang.org/china
The report’s authors find that the private sector and building industry have welcomed the government’s efforts to reform Poland’s construction sector. “Prior to 2015, investors who wanted to build a single family house had to collect lots of permits,” says...
Public-sector organizations have shown they can be nimble in a crisis. Focusing on agility could help them keep pace with changing needs during challenges—and beyond.As the manufacturing economy of the industrial age is transformed into the digital economy of...
布达佩斯,2016年11月22日:2016年东欧中亚地区各国GDP将呈温和增长,该地区东半部油价及其他大宗商品价格低迷、欧盟投资率下降以及各国现存的结构性挑战,都阻碍了地区经济增长,导致民粹主义和两极分化加剧,世界银行《东欧中亚地区经济简报》如是说。 今天在布达佩斯发布的世行报告指出,东欧中亚地区预计2016年温和增长1.6%,略高于2015年的1.4%,但收入和消费双双下降,有可能减缓这种温和增速。这一趋势预计会一直持续到2017和2018年,对这两年的增长预测分别为1.5%和1.8%。 世行预测东欧中亚地区仍将维持正增长,2016年GDP增长预测为0.7%,2017年为2.3%,2018年为2.6%。与此同时,欧盟的增长率预计会略有下降,而西巴尔干地区增长预计会从2016年预计的2.7%到2017年回升至3.2%,2018年3.5%。 世界银行东欧中亚地区首席经济学家汉斯·蒂莫指出:“英国退欧公投和难民危机考验着欧洲的团结,而该地区东半部仍在竭力适应低油价。整个地区未能开发新的增长源,致使民粹主义和两极分化加剧,以及对现存体制的不信任。” 报告所做调查显示,对经济格局变化的担忧,特别是缺乏就业安全感,加剧了东欧中亚各国的政治两极分化。临时性和非全日制工作快速增加,以及数字化新技术带来的技能需求变化,导致该地区民众中担忧情绪上升,对政治图谱上的中间派支持率出现小幅下降。 报告说,在缺乏强有力政策应对的情况下,目前存在的阻碍经济发展的结构性挑战从长期来看很可能会损害增长和减贫。为了应对这些挑战,政府和社会需要在新经济时代提供新视角,而不是求助于过去在完全不同的情况下行之有效的解决办法。 世界银行东欧中亚地区副行长西里尔·穆勒表示:“我们所看到的温和增长是朝着正确方向迈出的一步,但还不足以缓解东欧中亚地区人民对经济前景的担忧。政府可以立采取行动伸出援手。例如,政府可以推广终身学习以帮助人民找到和保持好的工作,也可以提供幼儿和老人护理,以便提供更灵活的就业选择。这些措施能够确保机会均等,促进整体增长。” 其他政策选择还包括支持企业探寻更具竞争性的制造业环境所提供的出口新机会,降低开办新企业和进入新市场所需要的费用和时间,减少对劳动力流向新经济活动的限制等。这些措施也应确保提供或维持基本的劳动和社会保护,以防止贫困和削弱社会融合,尤其是对弱势人群而言,报告说。 报告还呼吁加强对不平等的研究与数据统计,包括国民对不平等变化情况的认知指标。进一步收集技能需求与生活满意度之间联系的实证,也可以有助于指导必要的政策调整,以适应重大经济变化和缓解社会及政治焦虑。
Good morning, your Excellency Prime Minister Mustafa, Minister Stavileci, Deputy Minister Zogaj Gashi, your Excellency Ambassador Delawie, colleagues from Helvetas Swiss Intercooperation, dear beneficiaries and guests. I am highly delighted to deliver remarks at this event, which I know...
ニュースリリース | 2017年5月5日 【横浜、2017年5月5日】アジア開発銀行(ADB)が本日発表した報告書によると、ADBの2016年の協調融資業務は過去最高額に達し、140億ドルを上回った。同報告書はこれを、アジア太平洋地域の拡大し続ける開発ニーズに対応するパートナーシップの重要性を反映したものであるとしている。 この報告書『ドナー・レポート2016』(Partnering for Development: Donor Report 2016)によると、ADBは昨年、協調融資で140.6億ドルを動員し、年間業務総額も317億ドルと、ADBの50年の歴史における最高額に達した。 全協調融資額のうち84.6億ドルが公的融資などの譲許的資金源から動員され、2015年比で37%増となる。一方、民間資金源からの協調融資は56億ドルに達した。 ADB協調融資業務部のカイ・プローグシュット(Kai Preugschat)部長は、「2016年の業務パフォーマンスは、ADBが二国間および多国間機関、信託基金、その他の公的機関や財団との強いパートナーシップを維持していることを示す」と語った。 同報告書には、フランス開発庁(Agence Française de Développement)、ユーラシア開発銀行(Eurasian Development Bank)、および石油輸出国機構国際開発基金(OPEC Fund for International Development)との協調融資契約の更新など、2016 年における重要なパートナーシップの成果も記されている。これらの連携により、今後数年間で31億ドルの追加協調融資が見込まれる。 ADBは2016年に新たなパートナーと協働し、中華人民共和国のエネルギープロジェクトにおいては北京銀行と、キルギス共和国の交通プロジェクトにおいてはサウジ開発基金(Saudi Fund for Development)と協調融資契約を締結した。 また同報告書によると、昨年ADBは新たな信託基金を2つ設立した。まず、国際協力機構(JICA)と共同で、民間によるアジア太平洋地域のインフラ投資を支援する「アジアインフラパートナーシップ信託基金」(Leading Asia’s Private Infrastructure Fund)を設立した。同信託基金は、JICAが出資する15億ドルの資本金により、60億ドルの投資を動員すると見込まれる。さらに、東南アジア諸国でのプロジェクトの準備態勢を改善し、気候変動に強いプロジェクトを開発する、マルチドナーによる「プロジェクト・レディネス・インプルーブメント信託基金」(Project Readiness Improvement Trust Fund: PRIF)を設立した。PRIFへの最初のドナーとして、北欧開発基金が700万ユーロ(766万ドル)を拠出している。 プローグシュット氏は、「ADBが持続可能な開発目標の実現および気候変動に対する取り組みに備えるなかで、融資パートナーによる新たなコミットメントと追加資金が、ADBの業務をスケールアップするために極めて重要である」としたうえで、「ADBは、パートナーの変わらぬ支援に感謝している」と述べた。 また同報告書では、協調融資プロジェクトの成功事例や成果の紹介を通じて、開発途上加盟国と融資パートナーの両方に対するアカウンタビリティ(説明責任)の強化に向けたADBの取り組みを示している。 マニラに本拠を置くアジア開発銀行(ADB、加盟国・地域数67、うち域内48)は、インクルーシブな経済成長、環境に調和した持続可能な成長、及び地域統合の促進を通じて、アジア太平洋地域の貧困削減に取り組んでいる。ADBは、1966年に創設され、地域の開発パートナーとして50周年を迎えた。 Subjects  Media Contact
Andrew Fioga remembers the good times as well as the bad in his homeland of the Solomon Islands. Born on the island of Guadalcanal in 1965 to ethnic Malaitan parents, he describes an earlier life of “nothing to worry...
ニュースリリース | 2017年5月3日 【横浜、2017年5月3日】アジア開発銀行(ADB)とASEAN+3 マクロ経済リサーチオフィス(AMRO)は本日、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国および中華人民共和国、日本、韓国の支援における両機関の連携強化に関する覚書を締結した。 ADBの中尾武彦総裁とAMROのチャン・ジョンホン(Junhong Chang)所長は、横浜で開催されている第50回ADB年次総会に合わせて、覚書に署名した。 ADBとAMROは、今回のパートナーシップにより、ASEAN+3地域における経済成長、さらなる金融の安定、および地域協力・統合に重点を置いた取り組みと政策の支援に向け、協働する。覚書は、両機関による地域のマクロ経済の監視(サーベイランス)、および危機予防と管理能力を強化する取り組みへの支援を後押しする。 中尾氏は、「アジア太平洋地域は、金融の強靱性の改善と監視能力の強化において、大きな進展を遂げた。AMROは、この流れの中で中心的な役割を果たしている」としたうえで、「ADBとAMROは、この覚書の下、地域の今後の成長と金融の安定に向けて、力を合わせて優先課題に取り組んでいく」と述べた。 AMROは2011年の設立以来、様々な活動を通じてADBと強力なパートナーシップを維持してきた。これには毎年開催されるアジア地域ラウンドテーブルや、幹部・実務者両レベルで行われる各種の会合や対話、さらにAMROの監視能力の強化に向けたADBの技術協力などが含まれる。覚書は、AMROが国際機関としての地位を得たことを受け、両機関の連携を強化し、制度化する重要なステップとなる。 チャン氏は、「この覚書は、地域における重要なパートナーであるADBとの今後の連携において、重要な一歩となるであろう」と語り、「AMROは、地域における金融の安定と経済協力を支援するため、ADBとのさらなる連携を期待している」とした。 マニラに本拠を置くアジア開発銀行(ADB、加盟国・地域数67、うち域内48)は、インクルーシブな経済成長、環境に調和した持続可能な成長、および地域統合の促進を通じて、アジア太平洋地域の貧困削減に取り組んでいる。ADBは、1966年に創設され、地域の開発パートナーとして50周年を迎えた。2016年のADBの年間支援額は、協調融資額140億ドルを含め、317億ドルであった。 シンガポールを拠点とするASEAN+3 マクロ経済リサーチオフィス(AMRO)は、マクロ経済の監視を行い、地域金融枠組みの実施を支援することにより、ASEAN+3地域のマクロ経済および金融の安定への貢献を図る経済監視機関である。AMROの加盟国は、ASEANの10カ国および中華人民共和国(香港を含む)、日本、韓国である。 ADBへの問い合わせ先: Erik Churchill Mob: (63) 999 999 1905 Email: AMROへの問い合わせ先: Huong Lan Vu Tel: +65 63239844 Email: Countries  Subjects  Media Contact
- Advertisement -

LATEST NEWS

MUST READ