22.4 C
New York
Monday, July 24, 2017
MANILA, PHILIPPINES (20 July 2017) — Economic growth prospects in developing Asia for 2017 have improved on the back of stronger-than-expected export demand in the first quarter of this year, according to a new Asian Development Bank (ADB) report.In...
MANILA, FILIPINA (20 Juli 2017) — Prospek pertumbuhan ekonomi di kawasan Asia yang berkembang pada 2017 meningkat berkat permintaan ekspor yang lebih besar daripada perkiraan di kuartal pertama tahun ini, demikian menurut laporan baru dari Asian Development Bank (ADB).Dalam...
MA-NI-LA, PHI-LIP-PIN (ngày 20 tháng 7 năm 2017) — Triển vọng tăng trưởng kinh tế của Châu Á đang phát triển trong năm 2017 đã được cải thiện trong bối cảnh nhu cầu xuất khẩu cao hơn mức mong...
MANİLA, FİLİPPİN (20 iyul 2017-ci il)- Asiya İnkişaf Bankının (AİB) yeni hesabatına əsasən 2017-ci il üzrə inkişaf etməkdə olan Asiya üçün iqtisadi inkişaf perspektivləri bu ilin birinci rübündə proqnozlaşdırıldığından daha çox yüksək olmuşdur.Asiya İnkişaf Proqnozu 2017 hesabatına əlavə olaraq,...
DUSHANBE, TAJIKISTAN (20 July 2017) — The Asian Development Bank (ADB) has today awarded five winners of a youth essay competition in Tajikistan. The winners are: Madina Davlatova, 24; Maksud Khasanov, 23; Azimakhon Dzhuraeva, 19; Komila Nazirmadova, 20; and Saadi...
ДУШАНБЕ, ТАДЖИКИСТАН (20 июля 2017г.) – Сегодня Азиатский банк развития (АБР) наградил пятерых победителей конкурса сочинений среди молодежи Таджикистана. Имена победителей: Мадина Давлатова, 24 года; Максуд Хасанов, 23 года; Азимахон Джураева, 19 лет; Комила Назирмадова, 20 лет, и Саади...
新闻稿 | 2017年7月20日 菲律宾马尼拉(2017年7月20日讯)——据亚洲开发银行(亚行)最新发布的一份报告称,由于今年第一季度的出口需求高于预期,2017年亚洲发展中国家的经济增长前景有所改善。 在《2017年亚洲发展展望》的补充报告中,亚行将2017年亚太地区的增长预期从此前的5.7%上调至5.9%,并将2018年的增长预期从5.7%上调至5.8%。2018年增长率的上调幅度较小,反映出亚行对出口推动力的可持续性持谨慎态度。 亚行首席经济学家泽田康幸(Yasuyuki Sawada)表示,“今年亚洲发展中国家开局良好,出口改善将推动2017年下半年的增长前景。尽管全球经济复苏力度仍存在诸多不确定因素,但我们认为,该地区的经济体完全有能力应对经济前景所面临的潜在冲击。” 2017年和2018年主要工业经济体的综合增长预计维持在1.9%。由于2017年第一季度表现不如人意,美国的增长预期从先前预测的2.4%下调至2.2%;而欧元区和日本因内需强劲,相关预测有所提升,从而抵消了美国的轻微下调。 从次区域的角度来看,2017年和2018年东亚地区的经济增长率分别从最初预测的5.8%和5.6%上调至6.0%和5.7%。继近期的经济增长放缓后,净出口和国内消费的增长使得中华人民共和国(中国)的增长前景有所改善。预计2017年和2018年作为世界第二大经济体的中国将以6.7%和6.4%的速度增长。 据该报告称,南亚地区仍将是亚太地区增长最快的次区域,其2017年和2018年有望实现最初预测的7.0%和7.2%的增长。同时,预计该次区域最大经济体印度能够实现之前预测的增长,即2017年和2018年分别增长7.4%和7.6%,而这主要得益于强劲的消费。 2017年和2018年东南亚地区的预期增长率分别保持在4.8%和5.0%;其中,马来西亚、菲律宾和新加坡增长加速,但因文莱达鲁萨兰国的增长速度低于预期,这一趋势略有削弱。根据该报告,强劲的内需——特别是私人消费和投资——将继续支撑该次区域的经济增长。 由于部分国家的内需和出口走强意外推动中亚地区的经济复苏,今年该次区域的增长前景也有所改善。预计2017年和2018年的增长率将分别达到3.2%和3.8%,略高于最初预测的3.1%和3.5%。 预计2017年和2018年太平洋地区的经济增长率分别维持在2.9%和3.3%;其中,该次区域最大经济体巴布亚新几内亚由于矿业和农业回暖,经济持续逐步复苏。更加繁荣的旅游业前景也有望推动该次区域——特别是斐济和帕劳——的经济进一步增长。 与此同时,尽管需求不断攀升,但由于供应充足、天气条件良好,国际石油价格和粮食价格保持稳定;因此,预计亚太地区的消费物价通胀率低于前期预测。2017年和2018年的物价通胀率有望分别降至2.6%和3.0%,略低于最初预测的3.0%和3.2%。 亚行总部设在菲律宾首都马尼拉,致力于通过包容性经济增长、环境可持续发展和区域一体化来帮助亚太地区减少贫困。亚行成立于1966年,目前正在庆祝亚太地区发展伙伴关系建立50周年。其现有成员体67个,其中48个来自本地区。2016年,亚行援助总额达317亿美元,其中包括140亿美元的联合融资。 Subjects  Media Contact
МАНИЛА, ФИЛИППИНЫ (20 июля 2017 года) — Перспективы экономического роста в развивающихся странах Азии в 2017 году улучшились на фоне более сильного, чем ожидалось, экспортного спроса в первом квартале этого года. Об этом говорится в новом докладе Азиатского банка...
ニュースリリース | 2017年7月20日 【フィリピン・マニラ、 2017年7月20日】アジア開発銀行(ADB)は、アジア途上国の2017年経済成長の見通しが、第一四半期に予想を上回る輸出需要に支えられたことで好転したと発表した。 「アジア経済見通し2017(Asian Development Outlook 2017、 2017年4月発表)」を補足する報告書の中で、ADBは、2017年と2018年のアジア地域の経済見通しを、それぞれ、5.7%から5.9%と5.7%から5.8%へ引き上げた。2018年の上昇率が小幅どまりなのは、輸出の影響力の持続性に対する慎重な見方からである。 ADBの澤田康幸チーフエコノミストは、「アジア途上国は、2017年、堅調な輸出により、年後半の成長が後押しされるようなよいスタートを切ることができた。世界的に景気回復力に対する不安が残る中、アジア地域の経済は、予測からの乖離を引き起こすような経済的影響を受け止められる体制にある」とした。 2017年と2018年の主要先進国の経済見通しは、ユーロ圏地域と日本において、国内の安定した需要によって改善が期待されるが、アメリカの成長見通しが、2017年第一四半期における経済の減速を受け、2.4%から2.2%へ下方修正されたことで、相殺される結果となり、1.9%を維持するとみられる。 一方、東アジアでは、成長見通しが上昇し、2017年が5.8%から6.0%へ、2018年が5.6%から5.7%にそれぞれ修正された。世界第二の経済大国である中華人民共和国では、経済成長の減速後、純輸出と国内消費が伸び、成長見通しも2017年は6.7%、2018年は6.4%となった。 南アジアはアジア太平洋地域において最も急速な成長を続ける地域であり、2017年は7.0%、2018年は7.2%と当初の見通しを維持するとみられる。南アジア最大の経済大国であるインドは、旺盛な消費を主因として、見通しどおり、2017年は7.4%、2018年は7.6%の成長を達成する見込みである。 東南アジアの成長見通しについては、ブルネイ経済の予期せぬ減速の影響が見られるものの、マレーシア、フィリピンおよびシンガポールの順調な経済成長により、2017年の4.8%、2018年の5.0%という当初の見通しは達成されるとみられる。 堅調な国内需要、とりわけ民間消費と投資が、東南アジア地域の成長を支えると期待される。 2017年の中央アジア諸国の経済見通しは、一部の国において、力強い国内需要と輸出が予想外に経済回復を後押ししたことで改善し、2017年は3.1%から3.2%へ、2018年は3.5%から3.8%へ、当初の予想を上回る成長が見込まれる。 太平洋諸国の成長見通しは、同地域最大の経済国であるパプアニューギニアにおいて、鉱業と農業に緩やかな回復が見られることで、当初どおり2017年は2.9%、2018年は3.3%を維持するとみられる。また、特にフィジーとパラオでは、観光産業の力強さが地域の成長をさらにけん引すると期待されている。 一方、アジア太平洋地域の消費者物価の上昇は、十分な供給と天候に恵まれ、需要が増加しているにも関わらず、国際原油価格と食料価格が安定したことで、当初の見通しの2017年3.0%、2018年3.2%は、それぞれ2.6%、3.0%に低下すると予測される。 Subjects  Media Contact
Malaysia has had a strong history of strategic planning and performance management that has contributed to effective frontline service delivery across many parts of the public sector. Malaysia’s historical experiences and more recent public sector innovations are of interest...
- Advertisement -

LATEST NEWS

MUST READ