22.4 C
New York
Monday, July 24, 2017

МАЛЧИН ӨРХҮҮДИЙН ГАМШГИЙГ ДАВАН ТУУЛАХ ЧАДАВХИЙГ САЙЖРУУЛАХАД ЧИГЛЭСЭН БУЦАЛТГҮЙ ТУСЛАМЖИЙН ТӨСӨЛД...

УЛААНБААТАР, МОНГОЛ УЛС (2016 оны 10 сарын 28) — Азийн Хөгжлийн Банк болон Монгол Улсын Засгийн газар, иргэдэд түшиглэсэн гамшгийн эрсдэлийн удирдлагыг шинээр нэвтрүүлэн,...

Монгол улс: Уул уурхайн дэд бүтцийн хөрөнгө оруулалтыг дэмжих (УУДБХОД) төсөл

УУДБХОД төсөл гэж юу вэ? УУДБХОД төслийн зорилго нь Монголд хөрөнгө оруулалт хийгдэж болзошгүй дэд бүтцийн төслийн бэлтгэл ажил болон дүн шинжилгээг олон улсын...

New World Bank Director of Timor-Leste, PNG & Pacific: Pacific ‘full...

SYDNEY, November 22, 2016 – The World Bank has officially welcomed new Country Director for Timor-Leste, Papua New Guinea and the Pacific Islands, Michel...

2016城市中国计划计划摄影大赛结果揭晓

2016年12月15日,北京:城市中国计划(UCI)第三届摄影大赛于2016年12月圆满落幕。获奖照片从一万余份来自全国各地的参赛作品中脱颖而出。本届大赛由城市中国计划主办,得到了世界银行和中国摄影家协会的大力支持。 本届摄影大赛以“包容的城市家园”为主题。联合国可持续发展目标11要求“构建包容、安全、具有韧性和可持续的城市”。在过去30多年里,中国有2.6亿多农村人口迁移到城市。到2030年,城市人口将占到中国总人口的70%。包容性城市发展仍是中国面临的一项挑战。 本次大赛特邀《人民日报》摄影部主任、中国摄影家协会副主席李舸;中国日报社摄影部主任徐京星;和路透社著名摄影记者Jason Lee担任专家评审。根据作品寓意及作品质量,大赛共选出人物组、景观组和创意组一等奖各1名、二等奖各2名、三等奖各2名;以及入围佳作10名。 城市中国计划以“推进良性城镇化、支持创新型城市”为使命,在为中国城市发展问题提供方案、组织对话的同时,鼓励摄影专业人士及广大摄影爱好者用镜头记录中国城镇化的点点滴滴。 城市中国计划联席主席、麦肯锡全球资深董事、麦肯锡全球研究院资深董事华强森表示:“城市中国计划摄影大赛阐释了‘一图胜千言’这句话。我们很高兴能通过这些照片,将中国城镇化带来的挑战与机遇展现出来。希望这些照片能让观众们反思中国的城镇化,并为更美好的中国做出贡献。” 世界银行中国局局长郝福满表示:“我们有机会参与2016年城市中国计划摄影大赛深感荣幸。我特别高兴看到获奖照片反映出中国城市里各种人的生活和工作,比如打工者、拾荒者、小商贩、老年人等等。城市应当具有包容性,确保人人都能享受平等的机会和服务,人人都能从城市化和经济增长中受益。” 城市中国计划2016年摄影大赛特邀评审嘉宾、《人民日报》摄影部主任、中国摄影家协会副主席李舸表示:“城市中国计划摄影大赛用图片的形式直观、深入地展现了中国城镇化背景下的城市与人,并将城镇化的方方面面带入更多人的视野,启发大家的思考,鼓舞大家的热情。我们很高兴参与本届大赛,希望大赛能够持续为中国城镇化带来积极影响。” 获奖作品名单以及部分佳作欣赏:http://www.urbanchinainitiative.org/zh/content/details_112_62267.html 城市中国计划简介: 城市中国计划(Urban China Initiative)由麦肯锡公司携手哥伦比亚大学全球中心|东亚和清华大学公共管理学院共同合作创建。该计划以建立由公共部门和私营部门共同参与的联合智库为目标,以“推进良性城镇化、支持创新型城市”为使命。主要活动包括制定城市发展方案,组织各方交流对话,为国内外最优秀的中国城市学专家提供专业平台。该计划致力于逐步发展成为一个聚焦中国城镇化的独立的公共-私营部门联合智库。 世界银行集团简介: 世界银行集团在消除极端贫困和促进共享繁荣的全球努力中发挥着关键作用。世行集团由五个机构组成,即,国际复兴开发银行(IBRD)、国际开发协会(IDA)、国际金融公司(IFC)、多边投资担保机构(MIGA)和解决投资争端国际中心(ICSID)。这些机构与100多个国家合作,提供资金、咨询及其他解决方案,帮助各国应对最紧迫的发展挑战。欲了解更多信息,请登录以下网站:www.worldbank.org、www.miga.org、www.ifc.org。

太平洋島嶼国の自然災害に対する強靭性強化のための保険ファシリティを新設

世界銀行、保険イニシアチブの契約期間が5年目に入り、新たな実施ファシリティを設立 ワシントン、2016年11月2日–世界銀行は、太平洋自然災害リスク評価及び資金援助イニシアチブ(PCRAFI)保険が契約期間5年目に入り、また、「PCRAFIファシリティ」の中核となる保険会社をこの度設立したと発表した。この新たな保険会社はクック諸島に本部を置き、革新的で競争力のある保険を提供していく。 同ファシリティは、クック諸島、マーシャル諸島、トンガ、サモアおよびバヌアツに対し初めて保険の付保を実施した。これに対する再保険は、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上、東京海上日動火災保険、スイス・リーおよびミュンヘン再保険(子会社のニュー・リー経由)が引き受ける。これらの太平洋島嶼国は、サイクロン、地震および津波に対して総額3,820万ドルの保険を掛けている。世界銀行財務局は、加入諸国が国際再保険市場から競争力のある保険料率を確保できるよう中心的な役割を果たした。 クック諸島のマーク・ブラウン金融・経済管理担当大臣は、「サイクロンや地震に対する保険を太平洋島嶼国に付保するうえで、これを支援するためにPCRAFIファシリティが設立されたことは喜ばしい。ファシリティが育ち、追加商品が開発され、私たちが太平洋地域の災害後資金ニーズをより良く満たす上で支えてくれることを期待する」と述べている。 新ファシリティは、世界銀行を受託者とし、ドイツ、日本、英国および米国の資金支援を得て設立されたPCRAFIマルチドナー信託基金から運営初年度の資本金として600万ドルを受けとることになっており、これにドナー4カ国がG7気候リスク保険拡充のイニシアチブの一環として太平洋島嶼国に供与した4,000万ドル超のグラントと合わせた規模となる。 世界銀行のマイケル・カーフ局長(東ティモール・パプアニューギニア・太平洋島嶼国担当)は、「PCRAFIファシリティの設立は、太平洋島嶼国の財務面を強化しつつ、国内予算に負担をかけることなく、災害後の資金調達を円滑に行うことを目指したPCRAFIプログラムの第2期の一部である。災害および気候リスクに対処する資金調達を担う同ファシリティの運営については、当事者各国が主導することになるため、将来の災害および気候リスク・ソリューションの設計に同諸国が主体的に管理ならびに関与することができるようになる」と述べている。 こうしたPCRAFIファシリティの運営に加え、PCRAFIマルチドナー信託基金は、PCRAFIファシリティ、各地域機関および受益者である太平洋島嶼各国財務省の組織能力を強化するプログラムに対して技術的支援も行う。技術支援の重点は、自然災害に対する公的資金管理に置かれる。 PCRAFIファシリティは2016年6月10日、グループ・キャプティブ保険者を有する理事会を置く財団としてクック諸島で正式に設立され、同年9月22日、キャプティブ保険ライセンスを取得した。 太平洋自然災害リスク評価及び資金援助イニシアチブ(PCRAFI)第2期についてPCRAFIプログラムの第2期の目的は、太平洋島嶼国の災害に対する財務面を強化しつつ、国内予算に負担をかけることなく災害後の資金調達を円滑に行うことことにある。第2期の重点は災害リスクに向けた資金調達のみに置かれ、その内容は(i) PCRAFIファシリティおよび(ii) PCRAFI技術支援プログラムの2本柱から成る。PCRAFIプログラム第2期は世界銀行、太平洋諸島フォーラム事務局、太平洋共同体事務局による共同イニシアチブで、ドイツ、日本、米国および英国からの資金支援を受けて いる。第2期は、太平洋島嶼国の災害に対する強靭性の構築に資する災害リスク管理と財務ソリューションを提供することを目指し2007年に立ち上げられたPCRAFIプログラムの第1期の成果である。これを補完する災害リスク管理の取り組みが、太平洋レジリエンス計画のもとで進められている。 太平洋自然災害リスク評価及び資金援助イニシアチブ(PCRAFI)について 2007年に立ち上げられたPCRAFIの目的は、太平洋島嶼国の災害に対するレジリエンスの構築に資する災害リスク管理と財務ソリューションを提供することにある。PCRAFIは、世界銀行、太平洋共同体事務局(SPC)、アジア開発銀行による共同イニシアチブで、日本政府、防災グローバル・ファシリティ(GFDRR)、欧州連合(EU)から資金提供を受けている。 太平洋レジリエンス計画(PREP)について 太平洋地域における災害および気候変動による危険な事象がもたらす課題に対処するため、PREPは世界銀行が今日まで取り組んでいるPCRAFIのような国別および地域プログラムの統合をはかる。PREPの目的は、(i)早期警戒および防災の強化、(ii) 重要な公共資産の強靭性および改築への投資を優先するとともに増額をはかり、国際基準を満たしていくための枠組みの構築および(iii)災害事象に対する財務面の強靭性の強化を通じた各国の災害後対応能力の向上にある。PREPのもとで、太平洋島嶼国は2018年10月までの保険料の融資を受けている。 太平洋自然災害リスク評価及び資金援助イニシアチブPacific Catastrophe Risk Assessment and Financing Initiative (PCRAFI) (PDF、英語) G7気候リスク保険拡充のイニシアチブG7 InsuResilience Initiative (英語)

世界银行新项目助力广西推进产业化扶贫

2016年12月22日,北京:世界银行执行董事会昨天批准给中国广西贫困片区农村扶贫试点示范项目提供贷款1亿美元,用于在广西壮族自治区建立加强农民合作社与农业企业开展合作,开发农业价值链,发展农村旅游,拓宽贫困农户增收之路。 2015年,中国政府提出到2020年消除极端贫困的宏伟目标。产业化扶贫作为精准扶贫的重要手段之一,通过与农业价值链中各利益相关方建立合作,为贫困农户创造经济机会,发展地方产业,实现扶贫目标。 负责此项目的世界银行中国局首席农业经济学家帕沃说:“农民合作社在农业产业化模式具有重要作用,合作社使农户能够融入变化迅速的食品市场,提高农业生产效率,推广新技术和农业生产标准化。广西项目支持在喀斯特地貌区10个县建立加强农民合作社,实现贫困农户与现代食品价值链的对接。” 广西贫困片区农村扶贫试点示范项目的具体内容包括:设立农民合作社发展基金,给新老农民合作社的生产加工设备投资和培训提供赠款支持;对与农民合作社建立创新合作关系和利益分享机制的企业的投资项目给予配套资金赠款支持;建设和改善生产道路、小型蓄水和灌溉系统、公共市场设施等基础设施;建立和运行商业孵化中心扶持农村企业和支持创业;扩大政府农户信用信息综合评级系统的规模。 项目覆盖54个乡镇、117个行政村,其中95个为贫困村,项目村85%以上的居民为少数民族。农民合作社会员以全村60%左右的贫困户为主,在活跃会员中预计妇女至少占40%。项目受益人群预计达6.4万户、26万人左右。 广西壮族自治区是中国的贫困省之一,2015年5500万总人口中约4300万人生活在农村,450万人登记为贫困人口。在过去20多年里,世界银行与广西合作实施了一系列扶贫项目,包括上世纪90年代中期实施的西南扶贫项目和本世纪前10年的贫困农村社区发展项目,广西贫困片区农村扶贫试点示范项目是广西的首个世行贷款单省扶贫项目。

АБР предоставит финансирование в местной валюте с целью поддержки роста ММСП...

АСТАНА, КАЗАХСТАН – Азиатский банк развития (АБР) одобрил займ на сумму, эквивалентную 200 млн долларов США, с целью обеспечения микро-, малых и средних предприятий (ММСП)...

ประเทศไทยกำลังปรับปรุงกฎระเบียบการประกันภัยให้ก้าวหน้ายิ่งขึ้น ภายใต้กรอบความร่วมมือการให้บริการด้านที่ปรึกษาจากธนาคารโลกเป็นครั้งแรก

กรุงเทพฯ 25 พฤศจิกายน 2559 - สำนักงานคณะกรรมการกำกับและส่งเสริมการประกอบธุรกิจประกันภัย (คปภ.) และธนาคารโลกได้ลงนามเมื่อวานนี้ในข้อตกลงที่ให้ธนาคารโลกเป็นที่ปรึกษาในการพัฒนาตลาดประกันภัยในประเทศไทยแก่ คปภ. ผ่านสัญญาบริการให้คำปรึกษา ภายใต้สัญญาบริการให้คำปรึกษาระหว่างธนาคารโลกและประเทศไทยนี้ ธนาคารโลกจะให้การสนับสนุน คปภ. ในการประเมินตนเองในเรื่องการกำกับดูแลธุรกิจประกันภัยที่เป็นอยู่ในปัจจุบัน  การตรวจสอบดูแลการปฏิบัติงาน และการให้คำแนะนำเพื่อให้การดำเนินงานของ คปภ. สอดคล้องกับมาตรฐานสากล  โครงการของ คปภ. ที่ร่วมกับธนาคารโลกในครั้งนี้มีจุดมุ่งหมายเพื่อสร้างสภาพแวดล้อมที่จะช่วยให้อุตสาหกรรมประกันภัยสามารถเติบโตและขยายตัวได้อย่างมีประสิทธิภาพ ปกป้องคนไทยจากความเสี่ยงและความสูญเสียจากภัยพิบัติให้ดียิ่งขึ้น “สัญญาบริการให้คำปรึกษาในครั้งนี้เป็นก้าวที่สำคัญมากที่จะช่วยให้ทาง คปภ....

បច្ចុប្បន្នភាពសេដ្ឋកិច្ចកម្ពុជា៖ ការលើកកម្ពស់ភាពប្រកួតប្រជែងនៃការនាំចេញ

សារគន្លឹះនៅឆ្នាំ ២០១៦ កំណើនពិតត្រូវបានប៉ាន់ស្មានថាឡើងដល់ ៧.០ ភាគរយលើសការប៉ាន់ប្រមាណ ពេលមុនចំនួន​​៦,៩ ភាគរយបន្តិច ការមកដល់នៃភ្ញៀវទេសចរបានថយល្បឿន ជំរុញដោយការនាំចេញ សំណង់ និងការប្រើប្រាស់របស់រដ្ឋាភិបាល។ស្ថានភាពអាកាសធាតុល្អប្រសើរឆ្នាំនេះ​អាចជួយវិស័យកសិកម្ម។កំណើនត្រូវបានប៉ាន់ស្មានថានឹងមានអត្រាស្មើ នឹង៦.៩ ភាគរយ នៅឆ្នាំ ២០១៧-១៨ កំណើននៅមានកម្រិតខ្ពស់នេះមួយផ្នែក​គឺបណ្តាលមកពីការបង្កើនចំណាយរបស់រដ្ឋាភិបាល។ការនាំចេញសម្លៀកបំពាក់ នឹងមានកំណើនខ្ពស់ជាបន្ត ខណៈដែលវិស័យសំណង់ត្រូវបានរំពឹងថានឹងថយចុះជាបណ្តើរៗ។​ វិស័យទេសចរណ៍និងកសិកម្ម អាចកើនឡើងបង្គួរ។​ការនាំចេញដែលនៅតែមិនស្រកស្រុត និងការធ្លាក់ថ្លៃប្រេង​ ធ្វើឲ្យឱនភាពពាណិជ្ជកម្មរួមតូច គាំទ្រវិស័យក្រៅប្រទេស។នៅពេលមានសញ្ញាថយចុះមួយចំនួន ឥណទានក្នុងស្រុកនៅតែមានកំណើនខ្ពស់ស្មើ...

ផែនការទំនាក់ទំនងសម្រាប់ការវិនិច្ឆ័យស្ថានភាពប្រទេសដែលមានលក្ខណៈជាប្រព័ន្ធ

ការវិនិច្ឆ័យស្ថានភាពប្រទេសដែលមានលក្ខណៈជាប្រព័ន្ធ គឺជាការសិក្សាទូទាំងប្រទេសមួយ ដែលត្រូវបានរៀបចំធ្វើឡើងដោយក្រុមធនាគារពិភពលោក ដោយមានការពិគ្រោះយោបល់យ៉ាងម៉ត់ចត់ជាមួយអាជ្ញាធរថ្នាក់ជាតិ និងភាគីពាក់ព័ន្ធដទៃទៀតជាច្រើន។ ជាការសិក្សានេះ មានគោលបំណងបង្កើតឲ្យមានការពិភាក្សាផ្លាស់ប្តូរយោបល់មួយរវាងរដ្ឋាភិបាលកម្ពុជា ក្រុមធនាគារពិភពលោក និងដៃគូអភិវឌ្ឍន៍ផ្សេងៗផ្តោតការយកចិត្តទុកដាក់លើគោលដៅរបស់ខ្លួនលើសកម្មភាពនានាដែលមានផលប៉ះពាល់ខ្លាំង និងសមស្របជាមួយគោលដៅការបញ្ចប់ភាពក្រីក្រតោកយ៉ាក និងជំរុញបង្កើនវិបុលភាពរួមប្រកបដោយនិរន្តរភាពនៅក្នុងរយៈពេល ៥ឆ្នាំបន្ទាប់ទៀត។ ការវិនិច្ឆ័យស្ថានភាពប្រទេសដែលមានលក្ខណៈជាប្រព័ន្ធនេះ នឹងផ្អែកលើការវិភាគដែលអាចមាន និងទាញចេញពីភស្តុតាងដែលមានស្រាប់ដោយមិនកំណត់ទៅលើផ្នែកការងារ ឬវិស័យនានាដែលក្រុមធនាការពិភពលោក កំពុងអនុវត្តនោះទេ។ គោលបំណង ដោយសារប្រទេសកម្ពុជា បានវិវត្តរីកចម្រើនក្លាយជាប្រទេសដែលមានចំណូលមធ្យមកម្រិតទាបនាពេលថ្មីៗកន្លងទៅនេះ ការចូលរួមជាសាធារណៈជុំវិញការបង្កើតប្រព័ន្ធនេះ មានគោលបំណងរកឲ្យឃើញនូវបញ្ហាប្រឈមធំៗសម្រាប់ការអភិវឌ្ឍ និងកំណត់នូវអាទិភាពនានាដើម្បីបង្កើនល្បឿនក្នុងការបញ្ចប់ភាពក្រីក្រតោកយ៉ាក និងបែងចែកវិបុលភាពឲ្យបានទូលំទូលាយ។...
- Advertisement -

LATEST NEWS

MUST READ